家を建てるなら工務店に相談|信頼の高さやアドバイスの良さが人気

住環境の良さが魅力

一軒家

住みやすさが人気

大阪と京都を結ぶ京阪沿線は、大阪のベッドタウンが連なる路線として高い人気です。通勤通学の便利なことはもとより、閑静な住宅地が多く住みやすいことから、京阪沿線を指定して住宅を探す人も少なくないと言われています。この人気の高い京阪沿線の中でも、最も人気の住宅地と目されているのが枚方市です。枚方市は大阪府の北東部にあり、生駒山地や淀川といった豊かな自然に恵まれた都市です。市内には京阪本線と国道1号線が大動脈として横切り、主要な駅からは高槻市や茨木市、門真市といった周辺都市に向けてバス網が引かれる等、通勤通学の利便性が高いことで知られています。また、枚方市は市内に大学や高校が数多くあり学園都市として有名です。枚方市は、比較的早くからベッドタウンとして開発され、京阪沿線各駅周辺には大規模な住宅地が整備されてきました。そのため、いずれの住宅エリアも住環境が整い、ゆったりとした住みやすい街が形成されています。このような住環境の良さもあって、枚方市の住宅購入希望者は非常に多く、持ち家率は66%と高くなっています。さらに注目されるのが、持ち家のおよそ76%を一戸建てが占めていることです。これほど一戸建ての人気が高いのは、住宅需要の高いファミリー層が枚方市を一生涯住み続けたい街と考えているからと考えられています。また、枚方市はボリュームゾーンと言われる3000万から4000万台の新築一戸建ての供給が多いことも選ばれている理由の一つでしょう。しかも中古一戸建てでは、2000万円台といった手頃な価格の物件も数多くあり、こちらも大きな注目を集めています。