家を建てるなら工務店に相談|信頼の高さやアドバイスの良さが人気

北側と南側で特徴が異なる

部屋

暮らしぶりに応じて選べる

大阪市の周辺でマイホームを作るなら阪和線沿いは比較的暮らしやすい地域だと言えます。阪和線とは大阪府と和歌山県を結ぶように南北に走っている鉄道で、それぞれの駅ごとに持っているカラーが大きく異なります。例えば、大阪府に近い地域は都市化が非常に進んでおり、生活の利便を第一に考えて一戸建てを考えるならこの辺りが適当です。商店街やスーパーが立ち並ぶため生鮮食品を買う場所には困りませんし、上手に電車を乗り継げば大抵の場所へは自動車なしで行けます。反対に、和歌山県の方に向かうと今度は自然の量がぐっと増えます。さらに、それに比例するかたちで土地の値段も安くなるため、少しでも安く一戸建てを作りたい人や限られた予算のなかで豪華なマイホームを持ちたい人にはうってつけの場所です。ちなみに、阪和線のそばで一戸建てを作るときには最寄り駅周辺にある建築会社に依頼するのが基本です。もちろん、大阪府の業者さんを利用して和歌山県の土地に一戸建てを作ることも理論上は可能ですが、打ち合わせに行くのが大変だったり資材の運搬にお金がかかったりと負担が大きくなってしまう可能性があります。そのため大阪の業者に頼む場合は、運送費用や出張費などがあまり発生しないところを選ぶといいでしょう。また、新しい情報を仕入れられるのも地元の業者さんに頼むメリットです。特に、ほかの地域から仕事などを理由に引っ越してくる人は阪和線周辺の土地勘がほとんどないわけですが、そんなときに強い味方になってくれるのが地元の専門家というわけです。インターネット等で調べるのもいいですが、情報の鮮度を考えるとこの方法が一番です。